Chairman wood

ゆったりとした座り心地の、新素材ラウンジチェア

チェアマン ウッド

  

Designer: Werner Aisslinger

 

アイスリンガーの最新のプロジェクト「チェアマン」は、2つのアイディアを根幹にしています。それは、最先端の素材とテクノロジーを使う一方で、同時に流行に左右されない、ベーシックで典型的な形の椅子を作り出すことです。100%再生可能な近年発展した最先端のフェルト材を使用しており、静的なイメージを与えると同時に、柔らかく快適な座り心地です。

 

高さ: 78cm

幅: 65cm

奥行き: 53cm

 

※特別なサービス(吊り上げ等)が必要な場合は別途ご請求させていただく場合がございます。

¥75,600

  • 在庫あり
  • 配送期間:1~2週間1

Pad Collection

Designer: Werner Aisslinger

ヴェルナー・アイスリンガーは、1964年にドイツ・ネルトリンゲンに生まれ、現在はベルリンを拠点に活躍しています。ベルリン芸術大学にてデザインを専攻し、在学中にはイスラエル出身の工業デザイナー、ロン・アラッドや、ロンドン在住のプロダクトデザイナー、ジャスパー・モリソン、ミラノのデザイナー、ミケーレ・デ・ルッキの下で働きました。1993年には、プロダクトデザインやコンセプトデザイン、ブランド構築を中心に取り扱う、”studio aisslinger”をベルリンに設けました。1994年にはベルリン芸術大学のゲスト講師を勤め、1997年にはデザイン大国フィンランドのラハティデザイン大学でも教鞭を執りました。1998年から2005年にかけては、カールスルーエ芸術大学でプロダクトデザインの教授として働きました。2006年からは、レイモンド・ローウィ・ファウンデーションの永久会員となっており、ラッキーストライクデザイナーアワードの審査員でもあります。デザイナーとしては、プロダクトデザインに最先端のテクノロジーと、珍しい素材を使うことに特に興味を示しています。ゲルファニチャーがその筆頭です。アイスリンガーの”Juli Chair”は、世界初のポリウレタンインテグラルフォームで作られた家具です。同時に、ニューヨーク近代美術館(MoMA)に恒久的にコレクションされる、ドイツ製で初めての椅子でもあります。彼はイタリアのコンパッソ・ドーロ・アワードや、レッドドット賞、ジャーマンデザインアワードや、イギリスのFXアワードなど、数々のデザイン賞を取得してきました。アイスリンガーの家具は、ニューヨークのMoMAやメトロポリタン美術館、パリのフランス国立現代美術コレクション、ミュンヘンのデイ・ノイエ・ザムルング、ヴァイル・アム・ラインにあるヴィトラ・デザイン・ミュージアムなど、多くの美術館に展示されています。


関連商品

パッドコレクション